税金や相続税について

不動産売却時の税金、相続税

不動産売却に関する悩みで深刻になりやすいのが、相続税ではないでしょうか。持ち主がなくなったときその遺産として不動産を相続することもありますが、そういった不動産は多くの場合、住む人もなくなり使い道に困ってしまうことが多いです。中にはそのまま土地や建物を放置したままにしておく人がいます。

 

相続税も税金なのでなかなか厄介です。税金にまつわることは一般の人だけでは知識が足りなくなるので、どこまでが控除されるのか、どれくらい払わないといけないのか、などといったことは想像しにくい内容ばかりです。

 

遺産相続の時の不動産は土地、建物、借地権ごとに評価のされ方が決まっています。専門的で細かい評価が必要になるので分からないことは税務署に行って聞いてみると、分かりやすく説明してくれます。ただ税金関係が面倒臭いからと言って放置しておくことはいけません。税金の滞納とみなされると、倍以上の額になってしまうこともあるので、相続の問題が出てきたらすぐに調査してもらったほうがいいです。

 

遺産の中に不動産が含まれている場合は相続後に売却したほうが、税金が安くなるそうです。不動産売却を相続前に済ませると課税対象額が高くなりやすく、税金の額も上がってしまいます。相続した建物に自分も住んでいる場合は、特例が使えるのでかなり税金が安くなるようです。不動産売却の時には相続税を安くするために専門家の人に相談して、早めに済ませてしまってください。

収益物件とは、文字通り、自用ではなく第三者に賃貸し、そこから得られる賃料(収益)獲得を目的とする物件のことです。こ
主に居住目的としてはアパートや賃貸マンション、分譲マンションそして居住目的以外のものとしては、オフィスビル、ソシアルビル、倉庫等があげられます。その他駐車場、底地、ホテル等収益物件と言えるものは非常に広義であり、いずれも賃料(収益)獲得が見込めるものです。

 

不動産の査定方法については、主に費用性(いくらかけて建物を建築したのか)、市場性(同じような不動産が、市場でいくら位で取引されているのか)、そして収益性の3つが大きくあげられ、その不動産の特性に応じて、重視される視点が異なります。

 

収益物件の査定方法については、主にいくらもうかるのか、投資に見合うだけの収益が見込めるのかという収益性が重視されます。買い手は投資額、つまり購入金額をどのくらいの期間で回収できるかということが、一番の関心事項だからです。

 

このような投資額に対する賃料収入の割合を表したものを利回りと言います。利回りが大きいか小さいかとうことが、収益物件の査定額を大きく左右します。
単純に利回りといっても、不動産広告に良く出ている利回りは粗利回りと呼ばれるもので、これは単純に投資額と賃料収入との割合を表すもので、金利負担や減価償却費等買い手が今後見込まなければいけない諸費用は含まれていないことに留意しなければなりません。

パワーストーンはパワーを持っている石ではあるものの、私たちに永久にその効果を与え続けるものではありません。たまにはリフレッシュしてパワーを取り戻す必要があるようです。人間と一緒でヒーリングする必要があるのですが、色々な方法があります。

 

これは人間でも似たようなヒーリングをする人がたくさんいると思います。例えば日光浴や月光浴などがそれにあたるでしょう。人間でも光にあたると何となく浄化されていく気がしますから、石も同じように光を当てることで浄化できるのだと考えられています。

 

さらに音によるヒーリングも人間と一緒で、ある一定の音波を出す音叉のようなクリスタルで浄化を行うことができます。これらは部屋の浄化にも役立ち、瞑想などをするときには雑音から離れるためにもこのような音の利用をしてみるのもいいでしょう。

 

物理的に考えると、音は音波であり、波です。石にもおそらく共鳴する波動があると思うので、ある一定の落ち着きのある波動を与えることで乱れているパワーをリフレッシュしてくれるのかもしれませんね。パワーストーンの浄化だけではなく、自分の生活や部屋の乱れなども取り去ってくれると思うので、クリスタルチューナーは一つくらいは買っておいても損はないのかもしれません。

 

ヒーリンググッズとしても売られていますし、もちろんパワーストーンは自然石の専門店でも浄化のためのグッズとして取り扱っているところが多くありますので探してみてください。

昨年、子供の幼稚園の入園にあわせて、住居を購入することを検討することになりました。主人はマンション派でわたしは一戸建て派でもめることに。主人は価格が安いマンションがいいと言うのですが、わたしはずっと、管理費と駐車場代を払い続けるのは損した気分で嫌でした。都心ならまだしも愛知県の田舎なら一戸建ても購入できないほど高いわけでもなく、マンションの価値も上がる見込みはないと考えていました。

 

主人を何度か家の展示会に連れ出して、ついに主人も首をたてに振り、家の購入を決めました。50坪の駅徒歩17分の住宅街で新築分譲です。価格も予定よりも安く主人もわたしも満足でした。同世代の家族が多く、子供もたくさんいるので子育てには良い環境だと思い決めました。

 

住みは始めて一年、お庭の手入れが大変なことに気がつきました。近所の手前、それなりに手入れをしないと見栄をありますし。毎日、朝早く起きてお庭の手入れや掃除をするのははっきり言って大変ですし、お花代なども意外にかかります。それに近所付き合いが面倒で、気も使います。それを思うとマンションの方がよかったかなぁと思ってしまいます。主人には言えませんが。でもやはり、駐車場代を気にかけることなく2台所有できたり(アパートに住んでいる時は駐車場が高いので車は1台でしか所有できませんでしたので)、庭で子供たちが遊べたりバーべキュウをしたり家庭菜園をすることができるのは良いてんです。

専用サーバーを契約する業者を探す場合、契約時にどのような恩恵を受けられるかも重要な判断材料となっています。業者間の競争が厳しさを増している現在、顧客獲得を目指してさまざまなサービスを行っているからです。そんなサービスの中でも契約時に注意したいのがキャンペーンです。

 

これは一定期間に限って提供されるサービスで、契約時にさまざまな割引制度が適用されるものです。インターネットのプロバイダを契約する際によく行われているのでなじみがある人も多いでしょう。このキャンペーンをうまく活用することで専用サーバーの導入時にかかる諸経費を大幅に減らすことが可能です。コストを削減するためのサーバー選び

 

よくあるキャンペーンの代表格として挙げられるのが初期費用の無料。サーバー契約の際にかかる費用を業者がすべて負担してくれるサービスです。これとセットの形で提供されることが多いのが一定期間の月額料金の無料サービス。3ヵ月程度が一般的ですが、その期間中は一切費用をかけずにサーバーを利用することができます。

 

ほかにも独自ドメインの取得費用が割引になるケース。ドメイン専門会社に比べて割高な印象もあるサーバー会社での取得ですが、そのデメリットも解消することも可能です。ほかにも容量を増やして提供してくれるサービスなどもあります。

 

もちろん、最終的な判断は機能やサービス、長期間利用した場合のコストパフォーマンスなどで下す必要がありますが、こうしたキャンペーンもチェックし、初期投資の負担を抑える工夫もしておきたいところです。料金の一覧はこちら

マンション経営をはじめるためには高額の初期投資が必要になります。住宅ローンを利用して資金調達ができるといっても月々の返済をしっかりと行っていく必要がありますし、安定した家賃収入と入居率を確保しなければなりません。
成功すれば安定した収益が見込める反面、失敗するリスクもあります。そして失敗した場合にはかなり大きな損害を覚悟しなければなりません。

 

そんなリスクの問題を回避できる方法にJ-REITがあります。
これはマンション経営というよりはより広く不動産投資に含まれる方法で、幅広く投資家から集めた資金によってマンションをはじめとした不動産物件に投資し、利益を目指す方法です。

 

つまり投資家は直接マンション経営に関わるのではなく、いわば間接的な形で経営に参加することになります。なお、「J-REIT」とは「Real Estate Investment Trust」の頭文字を集めた略称にJAPANのJをつけたものです。

 

この資産運用の最大のポイントとなるのは投資家本人が投資する物件を選ぶわけではないこと、そしてJ-REITが発行する投資証券を購入する形で投資を行うことです。その点は株式投資やファンドに近いといってもよいかもしれません。家賃収入で利益を上げた場合には出資率にあわせて投資家間で分配されることになります。

 

この方法なら限られた予算でも投資が可能ですし、マンション経営のメリットだけを得ることも可能です。本格的なに経営を始める前の準備段階としても適した方法といえるでしょう。資金の問題やリスクに不安を抱えている人はまずこのJ-REITを試してみるとよいのではないでしょうか。

東京都内は、駐車場の賃貸料が大変高いことで知られていますね。
人気の街、麻布の駐車場事情についてまとめてみました。

 

地域によって月極駐車場の賃貸料の相場は異なりますが、最も高いのが西麻布と麻布狸穴町で、
平面式の場合、一ヶ月約56,000円です。
逆に一番安いのは、南麻布で44,000円程度です。
立体式の駐車場の方が平面式よりも若干賃貸料が安い所がほとんどですが、中には逆に高い地域もあります。

 

麻布十番には、公共駐車場があります。
環状3号通りに面しており、347台が収容できます。
駐車場から地下通路を通って地下鉄に乗ることができる、大変利便性の良い立地が魅力です。

 

ほぼ全部が機械式なので、入庫は車を所定の位置に停めるだけ大丈夫です。
出庫の際も、出庫口に行けば係員の操作で自動的に車が出てきますので、駐車場内を歩き回る必要もありません。
月極での賃貸契約もでき、夜間のみの利用の場合は、ナイトパスポートという夜間月極定期契約がお得です。

 

この公共駐車場は立体式ですので、駐車できる車のタイプや車高、重量などが決まっています。
ご自身の車のタイプに合うかどうか、事前によく確認することが必要です。

 

バイクに乗られている方は、お住まいの物件に専用の駐車場がない場合、車と同じように駐車場を借りることになります。
バイクの月極駐車場はまだまだ数が少ないのが現状です。
一ヶ月の賃貸料は、12,000円程度。
愛車を雨風から守り、盗難防止にも有効なボックス型の駐車場になると、30,000円前後と2倍以上になります。http://www.azabu.ms/station/843.html

相続税と聞くときついものという印象しかない人も多いはず。
相続税対策には負担を軽くするために評価額を減らしておく必要があります。

 

当たり前の話ですが、法に触れてすることではありません。
あくまで認められている範囲でひとつもわすれることなくやっていくのです。

 

アパート経営について考えてみましょう。土地と建物がありますよね。

 

土地は、更地にアパート・マンションを建てると、貸家建付地というものになります。 
この貸家建付地は評価減されるのですが、その割合が次のとおりです。

 

借地権割合×借家権割合

 

借地権割合が50%で借家権割合が20%の場合をかんがえてみましょう。
わかりますか?10%評価減されますね。

 

建物の場合は固定資産税額が建築費の約50%〜60%となり相続税評価額です。

 

アパートやマンションなどの賃貸物件は借家権部分も控除の対象です。

 

アパートやマンションを賃貸のために建てようとしたとき、借入れがあったほうが、
相続税が安いという噂をきいたことがありませんか?

 

自己資金があってもわざわざ借入るひとがあるとも聞きます。
実際は、自己資金でも借金でも相続税の節税効果は変わりません。

 

相続税対策にアパート経営をすれば、全てうまくいくというような話を最近よく耳にします。
しかし経営は事業です。

 

きちんとした裏付けと、順序と準備や資金がなければうまくいくはずがありません。
相続税対策にとすすめられるままにとはじめることのないようにしましょう。

相模大野は相模原市の中心ということもあり、生活の利便性に恵まれているといわれています。とくに鉄道の便が非常に優れており、通勤・通学に適した環境といえます。そうなるとファミリー層の生活の場として注目するべきでしょう。

 

しかしファミリー層が生活する場合、単に利便性に優れているだけでは充分とはいえません。
子供が育つ場所として相応しいのかどうかがポイントとなります。その判断基準となるのが教育関連の施設。では相模大野周辺にはどのような教育施設があるのでしょうか。

 

相模原市立の小中学校。1丁目は若松小学校と大野南中学校が通学地域となります。
2丁目は谷口台小学校と大野南中学校、3丁目は谷口台小学校と新町中学校。
1丁目と2丁目は中学校が共通し、2丁目と3丁目は小学校が共通することになります。

 

4丁目は1番〜3番までが若松小学校と大野南中学校、4番〜5番までが谷口台小学校と大野南中学校。
こちらは小学校が異なり、中学校で一緒になります。

 

5丁目は谷口台小学校、大野南中学校。
6丁目は1番〜18番が鶴の台小学校と新町中学校、19番が谷口台小学校と新町中学校、20番〜23番が鶴の台小学校と新町中学校。7丁目〜9丁目までが南大野小学校と新町中学校となります。なお、一部の地域では区域外の中学校へ進学することも可能です。

 

それぞれの中学校ごとに当然校風が異なってきます。これから相模大野で賃貸物件を借りて住もうと計画している家族はどの地域がどの小中学校に通うことになるのかを事前にしっかりと把握しておくことが求められるでしょう。

個人が不動産売却をするのと法人が不動産売却をすることでは所得税のかかり方が変わってきます。個人で不動産売却を行うと土地や建物を購入したときの値段と、現在売ろうとしている土地や建物の金額の差額が、利益となるか損益となるかで計算されます。

 

利益となるなら利益になった評価額から決められた税率分が引かれることになります。利益にならず損益となれば所得がなくなるので税金は引かれなくなります。

 

法人の場合は土地や建物を購入したときの値段と、売却したときの値段で利益が出るかどうかだけではなく、会社での利益も考えないといけません。会社での利益が大きいとその利益を加算したもの全部が課税所得としてみなされます。

 

もし、会社での利益>土地や建物の購入費>土地や建物の売却費、といった場合は最終的な課税所得がプラスとなり課税の対象となります。逆に大幅な赤字ならたとえ土地や建物の売却費が大きくても、最終的な課税所得がマイナスとなり税金はかからなくなります。だから法人の場合は会社の経営状態も重要になってきます。以前は重課と呼ばれる税金がありました。この重課は会社の利益とは別に土地や建物の売買で生まれた利益に対して必ず課せられ、会社が赤字で経営が厳しい状況でも容赦なく税金がかかりました。税率も79%とすごい高さです。現在は廃止されている重課ですが当時はバブルで土地の価格が高騰していました。土地の価格の高騰を防ぐために重課が必要だったわけです。法人の方が不動産売却を考えているなら不動産の売買利益だけでなく、会社全体の売り上げを考慮して税金を計算してみてください。

不動産は購入、保有、売却までの流れの中で多くの税金を納め続けないといけません。始めに不動産購入時にかかわる税金には、不動産取得税、登録免許税、印紙税、があります。このうちの登録免許税と印紙税は国税として国に納められます。

 

登録免許税は土地と建物で税率が変わります。印紙税は契約代金ごとに納める値段が決まっています。不動産取得税は地方税として都道府県や市区町村に納められます。不動産取得税は不動産を取得したときに一度だけ収める税金です。一度でも不動産を取得したときはどんな状況でも納めないといけません。標準税率は4%ですが平成24年までに取得された土地や建物は3%の税率となります。

 

不動産を保有している間は固定資産税・都市計画税を納めます。固定資産税と都市計画税は地方税です。固定資産税の標準税率は1.4%と決められていますが、町ごとに設定税率が変わることもあります。都市計画税は、標準税率は決まっておらず制限税率が0.3%となっています。不動産売却の時に支払う税金には印紙税、所得税、住民税、登録免許税があります。印紙税と登録免許税は不動産購入の時にも払います。不動産売却では所得税と住民税が一番の特徴です。税金額が大きく負担の大きい税金です。所得税と住民税は長期保有の不動産に関しては20%、短期保有の不動産は39%となっています。

 

他にも相続税や贈与税などが関わってくることもありますので状況に応じて税金を納めるようにしてください。

不動産売却の時に払う税金として登録免許税があります。登録免許税は売却の時以外に、購入時にも収めます。不動産売却でも購入でも土地の所有者は変わります。所有者が変わるということは権利が移ることを意味します。この権利を移すために行うのが登記申請です。登記というのは権利が本来持っていた人から、別の人に渡るときに行わないといけません。

 

だから中古物件を売買したときも新築の住宅を購入したときも全部必要になってきます。この登記申請を行ったときに支払わないといけない税金が登録免許税です。登録免許税には細かい計算方法があります。所有権が移動する売買の時は土地と建物で税率が変わり、相続や贈与の時にも税率が設定されています。それと同時に特例も様々にあります。

 

中古住宅の特例として自分が住むための住宅、1年以内に登記されたもの、床面積が50u以上のもの、20年以内に建築された木造のように耐火建築ではないもの、25年以内に建築された耐火建築物、これらの建物に特例が適用されます。登記の変更手続きは司法書士が代行して行ってくれます。その時には手数料も取られるので理解しておきましょう。登記が完了すると登記証明として登記識別情報が通知されます。

 

これは今まで登記済証として送られてきた物の代わりになります。この登記識別情報に書かれている暗証番号が自分の権利を主張する証明になります。大切な番号なので盗まれたりしないように気を付けてください。登録免許税にかかわる一連の流れはこういった感じです

不動産売却で得た利益には税金が課されます。大きな額になることがありますので簡単に所得税の計算方法を紹介します。不動産売却で得る利益は、譲渡所得として税率が決められています。5年を境に長期と短期で分かれ税率が変わります。短期所得の税率は39%、長期所得の税率は20%です。この税率には住民税も含んであります。

 

計算式は、課税譲渡所得金額×税率=税金額と決められています。課税譲渡所得金額とは不動産を売却して手元に入ってきた値段から、昔、不動産を購入したときに支払った購入額や諸費用を引いた値段です。不動産を売ったときに入ってきたそのままの値段に税金がかかるわけではなく、購入したときから売却したときの差額が利益として計算されているわけです。これが税金の計算方法です。

 

この計算式だけでなく様々な特例で控除されてくると税金額は大きく変わってきます。特例の3000万円の控除なら課税譲渡所得金額から3000万円引いて税率が計算されるので特例を受けられるか受けられないかは非常に大切です。10年以上保有した物件は計減税率の特例もあり、計算式がもう少し複雑になってきます。

 

言葉で計算式を書いてみましたがこれだけでは理解しづらいのではないでしょうか?税金の計算は本来税理士の人に行ってもらうことが必要になってきます。実際には細かい特例がたくさんあるから、単純な計算通りにはいかないこともあります。あくまで目安として自分で計算してみるといいでしょう。